スポンサーリンク

倉木麻衣の現在!昔から顔が変わらない?歌が下手?絶縁の父は今どうしてる?【今夜くらべてみました】

倉木麻衣の整形 芸能情報

2021年4月28日放送の「今夜くらべてみました」に歌手の倉木麻衣さんがインタビュー出演が決まりました。

出典:今夜くらべてみました

倉木麻衣,現在,ウィスパーボイス,コナン,歌ヘタ,父,顔変わらない

この日のテーマは、アニメ「名探偵コナンスペシャル」。

倉木麻衣さんと言えば、「名探偵コナン」シリーズのテーマソングを数多く担当し、ギネス世界記録に認定されたこともありますよね。

(※同じアーティストにより歌われたアニメシリーズのテーマソング最多数)

人気アニメ「名探偵コナン」の放送開始されたのは1996年。

倉木麻衣さんがテーマソングを担当したのは2000年以降ですが、それでも20年が過ぎたんですね。

倉木麻衣さんは、2021年に39歳となります。

いつ見ても顔が変わらないような気がしませんか?

現在と昔の画像、デビュー当時の画像でくらべてみました。

たまにテレビに出演すると、「歌が下手」「歌い方が変わった」と書き込みが目立ちますが、それはどの部分でしょうか。

そして、絶縁状態とされた実父との関係は?

スポンサーリンク

【画像比較】倉木麻衣は顔が変わらない?整形?

倉木麻衣さんは、デビューからしばらくは、テレビにはほとんど出演しない「謎の歌姫」でした。

しかし過去数年は徐々にメディアへの露出が増加。

2019年には、バラエティ番組「モニタリング」に出演し、大きな話題になりました。

その時の倉木麻衣さんの画像がこちら。

出典:モニタリング

倉木麻衣,現在,ウィスパーボイス,コナン,歌ヘタ,父,顔変わらない

そしてこちらが、10年ほど前の倉木麻衣さんの画像。

透谷地方太平洋沖地震復興支援チャリティマッチ(2011.3.29)より【出典:倉木麻衣公式ブログ

倉木麻衣,現在,ウィスパーボイス,コナン,歌ヘタ,父,顔変わらない

うーん、ほとんど変わらないように見えますね。

容貌が衰えない倉木麻衣さんについては、以前から整形疑惑が何度も浮上しています。

でも、デビュー当時の倉木麻衣さんの画像がこちら。

出典:倉木麻衣1stアルバム『delicious way』

倉木麻衣,現在,ウィスパーボイス,コナン,歌ヘタ,父,顔変わらない

出典:『Groovin’』2000年4月25日号

倉木麻衣,現在,ウィスパーボイス,コナン,歌ヘタ,父,顔変わらない

あれ、今とあんまり変わっていないように見えます。

ある時点から、雰囲気ががらりと変わった!

それなら整形の可能性が高まりますが、ずっと変わらない場合はどうでしょうね?

倉木麻衣さんは、1999年に16歳でデビューしています。

当時はメディアにほとんど出演していないものの、大学生になった2001年にはライブツアーを開始。

それ以前から既に整形していたなら別ですが、芸能活動を開始後に顔の造作が大きく変わった確証はありませんでした。

整形よりも、アンチエイジングや体形維持に力を入れている可能性が高そうです。

倉木麻衣さんが35歳のときにインタビューを受けたときの答えがこちら。

― 変わらずキレイな倉木さんのスタイルキープ法を教えてください。
倉木:よく音楽を聞いてダンスをしています!あとは、ツアー前はやっぱり体力づくりのためにジムで走ったりしています。食べ物はなるべく炭水化物を取らないようにするぐらいです。

出典:modelpress(2017.11.7)

いやいや、それだけ?

そんなわけないでしょう。

一般人としてはそう思うわけですが、倉木麻衣さんは実際に老けないのです。

倉木)髪の毛をちょっと茶色くして、前髪を何も言わずに切ったら、みんなにすごくびっくりされて(笑)。意図したわけではないんですけれど、15年前の写真と似てて、「そのときに戻った」「ほんとだ!」って。

出典:BARKS(2019.8.14)

倉木麻衣さんの顔が変わらないのは、整形をしたと言うより、元々の素質なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

倉木麻衣は歌が下手?歌い方が変わった?

出典:ミュージックステーション

倉木麻衣,現在,ウィスパーボイス,コナン,歌ヘタ,父,顔変わらない

倉木麻衣のウィスパーボイス

倉木麻衣さんの歌い方と言えば、ささやくような独特のウィスパーボイスです。

声量が多いとは言えません。

しかし音程やリズム感など、いわゆる歌唱力はしっかりしており、音痴ではないのです。

倉木麻衣さんオリジナルの声質は、ファンからも専門家からも評価されています。

デビュー時から倉木を形容する言葉として“透明感”を用いるケースが多いが、それを最もよく表しているのが、彼女の“声質”である。

その独特のボーカルは、「メロディー」を際立たせ、「歌詞」をしっかりとリスナーに届かせる。それに加えて、「容姿」や「雰囲気」もまた、彼女独自の“透明感”をまとっている。

それは16歳のデビュー時から、今年で37歳になる現在に至るまで、まったく変わっていない。倉木というアーティストに通底している“透明感”こそが、世代を超えて多くのファンを魅了する要因であると言えるだろう。

出典:ORICON MUSIC(2019.9.28)

そういえば、倉木麻衣さんがデビューした当時は、同年代で既に人気歌手だった宇多田ヒカルさんと比較され、パクリではないかと話題になるほどでした。

出典:東スポ

宇多田ヒカルさんと言えば、しっかりした歌唱力で、R&Bも歌いこなせるリズム感の持ち主です。

パクリだと言われるほどに、倉木麻衣さんの基礎的な歌唱力はレベルが高い。

そう解釈できるでしょうね。

スポンサーリンク

 

倉木麻衣は歌い方が変わった?

酷評された倉木麻衣の「負けないで」

歌手を20年も続けていれば、歌い方が変化するのは、まあ想定内です。

それを踏まえても、視聴者を驚かせたのは、2019年11月27日に放送された「ベストアーティスト2019」でした。

この番組に出演した倉木麻衣さんは、自身のカバーアルバムにも収録したZARDの「負けないで」を熱唱。

それがお茶の間をざわつかせたのです。

それなりに大きな反響になったせいか、ネットニュースでも取り上げられました。

倉木は、1993年にリリースされたZARDのヒット曲「負けないで」をカバーするも、冒頭からその声は震え、高音キーの際には辛そうに絞り出しているかのような印象となり、ZARDのボーカルである坂井泉水が持つ透明感や力強い躍動感とは対照的な、か細い、囁くような歌声であったことから、やや違和感を伴うカバーとなってしまった。

出典:exciteニュース(2019.12.3)

ただし、これには後日談があったのでした。

スポンサーリンク

 

倉木麻衣は、体調不良で「負けないで」を歌った?

音楽番組「ベストアーティスト2019」での熱唱を酷評されていた倉木麻衣さんに対し、ファンからは反論の書き込みが相次ぎました。

なんと当日の倉木麻衣さんは、体調不良だったそうなのです。

倉木麻衣さんにとって、テレビ出演は滅多にない機会です。

ファンや周囲の喜ぶ顔を考えて、無理をしていたのかもしれませんね。

倉木麻衣の歌い方が曲に合わなかった?

繰り返しますが、倉木麻衣さんの魅力は、ささやくようなウィスパーボイスです。

しかしZARDの坂井泉さんは、透明感はあるもはっきりした声量で知られています。

その曲調や原曲イメージとのミスマッチが影響し、より「歌が下手」、「歌い方が変わった」と印象づけられた可能性もあります。

「もともと声量のなさが指摘される倉木ですが、緊張のせいか輪をかけて震えたような弱々しい歌声でした。

そもそも坂井さんには生前からの熱烈なファンも多く、2月の『ミュージックステーション』でも《勘弁してくれ》といったブーイングが巻き起こっています。伝説のアーティスト、そして名曲だけにハードルは相当に高く、ましてや声に伸びがないとなると叩かれても仕方がないというところでしょうね」(夕刊紙記者)

出典:アサ芸plus(2019.11.28)

また、ネット上でも同様の意見があがりました。

ちなみに、倉木麻衣さんの12作目のアルバム「Let’s GOAL! 〜薔薇色の人生〜」の初回限定盤にZARD「負けないで」のカバーも収録されています。

スポンサーリンク

 

倉木麻衣の絶縁していた実夫の現在は?

真ん中の男性が山前五十洋氏(倉木麻衣の父)出典:Twitter

倉木麻衣,現在,ウィスパーボイス,コナン,歌ヘタ,父,顔変わらない

倉木麻衣の実父は亡くなった

倉木麻衣さんと言えば、実父とは長らく絶縁状態だったとされています。

そしてそのまま再開が果たされぬまま、お父さんは2020年4月5日に心不全で亡くなりました。

享年76歳でした。

倉木麻衣さんのお父さんは、実は映画監督の山前 五十洋(やまさき いそみ)さん。

昭和中期に時代劇などで活躍した俳優でもあります。

倉木麻衣さんが中学生のころに離婚して以降、行き来はなかったそうですが、絶縁状態まで亀裂が決定的になったのには、ある事件が発端でした。

スポンサーリンク

 

倉木麻衣と実父の絶縁を決定的にした事件は?

なぜ倉木麻衣さんと実父は、絶縁状態となっていたのか。

それは、倉木麻衣さんのデビュー当時までさかのぼります。

1999年12月に鮮烈デビューを飾った倉木はその後、宇多田ヒカルとともに邦楽シーンを席巻。人気絶頂だった歌姫が、思わぬ騒動に巻き込まれたのは2001年のことだった。

自身に似た女優を起用した「歌姫伝説・倉本麻衣」なるAVがリリース予定であることが判明。しかも同作でプロデューサーを務めたのが、実父の山前さんだった。

出典:東スポweb(2020.4.8)

娘を食い物にした!

史上最低の父親だ!

当時は大バッシングとなり、連日ワイドショーを騒がせたのです。

そして、倉木麻衣さんとの絶縁状態は、これで決定的になったとされました。

まあ、ね。

芸能人となった子どもの人気にあやかろうとする親御さんは珍しくないですが、セクシー路線に使われるのは、いい気持ではないでしょう。

しかし事実は少々違ったようで、後に山前 五十洋さんは週刊誌の記事などで釈明していますね。

「山前さんは、知人の映像関係者に“ある女優を売り出したいから協力してほしい”と言われて打ち合わせに行っただけなんです。

女優さんと一緒に写真を撮ると、翌日《倉木麻衣の父親、娘のそっくりさんでAV監督デビュー》と報道されました。制作陣は、父親が作ったとなれば話題になると考えたのでしょうね。

本人は承諾しておらず、勝手に名前を使われてしまったのです。お金はいっさい受け取らなかったそうです」(映像制作関係者)

出典:週刊女性prime(2020.4.18)

【チェック!】安達祐実さんの母、安達有里さんは、断り切れずに自分がセクシービデオに出演しました

ひと昔前の芸能人と言いますか、いい意味でも悪い意味でも、どんぶり勘定でおおらかな人だったのでしょうか。

これが本当なら、なかなか切ない話です。

スポンサーリンク

 

倉木麻衣さんと実父は関係修復されていた?

そして実際には、倉木麻衣さんの歌手としての成功の裏には、実父の山前 五十洋さんの尽力もあったとされています。

「麻衣さんのキャリア形成には、山前さんのバックアップも大きかったと思いますよ。

山前さんは40歳のときに誕生した一人娘を溺愛していた。3歳でCMデビューさせ、ピアノを習い、自宅にあったカラオケでマイクを握るのを見守っていた。

麻衣さんが(所属レコード会社の)ビーイングとの関わりができてからは資金調達から人材確保までサポートしていた。縁の下の力持ちでしたね」(音楽事務所関係者)

出典:日刊ゲンダイ(2020.4.14)

2017年に心臓弁膜症の手術を受け、それからすっかり体力を落としていたという山前 五十洋さん。

晩年には、「麻衣ちゃんに会いたい」と、しきりに周囲に語っていたそうですね。

ファンクラブに入り、ライブでは差し入れし、倉木麻衣さんのNHK紅白歌合戦への出場を楽しみに過ごしていたのだとか。

倉木麻衣さんは滅多にテレビに出ませんからね。

プライベートで会えないなら、年に一度の紅白歌合戦も貴重な機会だったことでしょう。

昨年デビュー20周年を無事に終えて、父との再会を考えておりましたが、しっかりと心の整理が出来た時に会ってお話ができればと思っていました。

父との別れは、突然でまだ受け止めきれておりません。ただただ残念でショックです。

出典:(株)LOOP

所属事務所を通じて、追悼文を発表した倉木麻衣さん。

葬儀では喪主を務め、お骨もしっかり拾ったそうです。

再開はあと一歩で実現できませんでしたが、絶縁とされた関係性は、雪どけにむかっていたのでしょうね。

スポンサーリンク

倉木麻衣の現在、そしてこれからは?

出典:Twitter

倉木麻衣,現在,ウィスパーボイス,コナン,歌ヘタ,父,顔変わらない

地上波テレビには滅多に登場しない倉木麻衣さん。

コメントするだけのVTR参加でも、そのたびに何かと話題になります。

  • 顔が変わらないのは、整形よりも、元々の資質
  • 独特のウィスパーボイスなので、曲によっては歌が下手に聞こえる
  • 絶縁状態だった実父は亡くなったが、関係は改善しつつあった・・・

歌手デビューから20周年を経過した倉木麻衣さん。

これからの活躍も楽しみにしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能情報あの人の現在!今何してる?
シェアする
その話、イッパイアッテな