スポンサーリンク

滝沢カレンは「インスタント沼」のどこに出演?日本語ヘタな理由はキャラだとモデル仲間が暴露した?

滝沢カレン,インスタント沼,どこ,日本語ヘタな理由 芸能情報

ハーフタレントの滝沢カレンさんはお好きですか?

独特の日本語が「クセになるので大好き」、「わざとらしくて嫌い」と賛否両論ですね。

とは言え、滝沢カレンさんの人気はうなぎ上りです。

出典:カレン食堂

2020年に料理本「カレンの台所」を出版すればベストセラーで、発行部数は15万部超え。

テレビでも、滝沢カレンさんを見ない日がないほどです。

そんな滝沢カレンさんですが、かつて映画「インスタント沼」に出演していたことがあります。

え、「インスタント沼」のどこに?

滝沢カレンは何の役?

滝沢カレンさんが映画「インスタント沼」のどこに出演していたのか、画像を探してみました。

また、滝沢カレンさんの「独特な日本語」についても気になります。

日本語がヘタなのは、わざとでしょうか?

スポンサーリンク

【画像】滝沢カレンは「インスタント沼」のどこに出演?

「インスタント沼」に滝沢カレンは端役で出演

「インスタント沼」とは、2009年に公開された日本映画です。

三木聡監督が得意とするシュールなコメディで、別のドラマや映画のパロディや奇想天外なストーリーが好評でした。

この「インスタント沼」には、多くの有名俳優が出演していますが、エンドロールには「滝沢カレン」の名前があったのです。

「インスタント沼」では、どうやら固有名詞の役名はないようです。

滝沢カレンさんの出演に触れた記事も見当たりません。

よほど小さな端役だったのでしょうね。

映画好きのファンサイトによると、「インスタント沼」の作中に使用されたこちらの看板が滝沢カレンさんではないかと推測されています。

【滝沢カレンがモデル出演した看板画像?】

滝沢カレン,インスタント沼,どこ,日本語ヘタな理由
出典:「インスタント沼」(映画.com

ちなみに、デビュー当時の滝沢カレンさんの画像はこちら。

滝沢カレン,インスタント沼,どこ,日本語ヘタな理由
出典:セブンティーン

どうでしょうね?

絶対違うとは言えませんが、確信も持てない感じ。

最近の滝沢カレンさんは、通常は眉もアイメイクもしっかりしていますが、その分を割り引けば、この看板の女性になるでしょうか。

仮にセリフのない役だったとしても、エンドロールに名前が載っているのです。

エキストラではなく、それなりに存在感はあったはず。

なにしろ、モデルさんですからね。

スポンサーリンク

滝沢カレンは映画「ROOKIES-卒業-」でも端役だった?

映画「ROOKIES-卒業-」・・・大ヒットしましたよね。

「インスタント沼」とほぼ同時期に封切られた映画「ROOKIES-卒業-」にも、滝沢カレンさんは出演しています。

こちらも残念ながら端役だったようで、こんなエピソードがありました。

当時、「ROOKIES」はシリーズ最高視聴率19.5%を誇る大人気ドラマ。滝沢はタレントの城田優(33)が演じる新庄慶の妹という、重要な役を与えられた。嬉しさのあまり「私、今度『ROOKIES』に出るんだよ!」と家族や友人に言いふらしていたという。
 しかし、実際に台本を開いてみれば話とまったく違う「購買部員」の役にすり代わっていた。結局映画に使われたのは2シーンでわずか7秒しか出番がなかったという。映画を観た身内から「どこに出てたの?」と聞かれるたび「私の役は劇場版で使われないシーンだから…」としらを切って乗り切った。

出典:スポニチ(2019.7.31)

滝沢カレンさんの身内(家族かな?)も見逃すほどですから、本当に一瞬だったようですね。

ちなみに、こんな感じだったようです。

出典:「ROOKIES-卒業-」メイキングムービー
滝沢カレン,インスタント沼,どこ,日本語ヘタな理由
出典:しゃべくり007

ここで疑問がひとつ。

滝沢カレンさんの紹介では、ほとんどの場面で「ROOKIES-卒業-」が映画デビュー作と紹介されます。

でも実際は、「インスタント沼」の方が公開日が早いのです。

  • インスタント沼・・・2009年5月23日公開
  • ROOKIES-卒業-・・・2009年5月30日公開

深読みすれば、こういうことでしょうか。

  • インスタント沼は、静止画の出演(看板モデル)
  • ROOKIES-卒業-は、動画で出演

それならインスタント沼に出演する滝沢カレンさんは、やっぱり「看板のモデル」だったのかな。

いつかご本人が教えてくれるのを待つしかなさそうです。

スポンサーリンク

滝沢カレンの日本語が下手なのはわざと?

滝沢カレン,インスタント沼,どこ,日本語ヘタな理由
出典:踊る!さんま御殿(2015)

滝沢カレンのブレイクは独特の日本語から

女優よりも、テレビタレントとして見かける機会の多い滝沢カレンさん。

ブレイクのきっかけは、あの「独特の日本語」でした。

滝沢カレンの魅力が発掘され、彼女が一躍注目を浴びるきっかけになったのが、2015年6月に放送された『おどる!さんま御殿!!』(日本テレビ系)だ。

滝沢は同番組で元カレと別れたエピソードを話し、「別れ際」を「別れ“の”際」と独自の表現。そしておそらく「一回もない」と言いたかったところを「一回ぽっちもないです」と話し、言い直しはしたのだが、結局「一回こっきりもないです」と摩訶不思議な表現の連発。

さすがの明石家さんまも思わず座り込み、「ごめん、カレンちゃん、何を言ってるの?」とタジタジになっている様子が放送された。

出典:ORICON NEWS(2017.3.4)

例を挙げるとキリがないのですが、滝沢カレンさんの話す日本語には、しばしば通訳が必要です。

ただ、片言とはちょっと違うような・・・。

別々の言葉を組み合わせた造語や、ひとつの単語を迂遠に表現する言い回しで、「クセになった」とハマる人もいますよね。

【チェック!】サブリナ陽子さんはキレイな日本語ですけどね(wikiプロフまとめ)↓

ハーフタレントと言えば、最近話題(心配されている)のこんな方も・・・。

滝沢カレンは、本当に日本語がヘタなのか

滝沢カレンさんは、ウクライナ人の父と日本人の母を持つ「ハーフタレント」です。

ただ滝沢カレンさんが生まれる前に両親は別れ、多忙な母の代わりに、日本人の祖母に育てられたそうです。

つまり、日本生まれの日本育ち。

養育者だった祖母も母も日本人なのに、あの独特な日本語はどこから出てくるのでしょうね。

実際、滝沢カレンさんの日本語については、SNS上で様々な憶測が流れました。

  • 言語障害や知的障害がある
  • 巡り合わせの妙で、独特の日本語を習得してしまった
  • キャラクター設定として、わざとヘタな日本語を使っている・・・

いくつかある「説」の中で、代表的なものをふたつ紹介します。

スポンサーリンク

滝沢カレンは母の影響で日本語がヘタになった?

まずひとつめは、滝沢カレンさんの独特な日本語は、お母さんの仕事が影響しているという説です。

滝沢カレンは、2015年に出演した『踊る!さんま御殿!!』(同局)をきっかけに、独特すぎる日本語が話題となりバラエティ番組でも大活躍しているが、そのおかしな日本語は母親の仕事が大きく関係しているという。

母親はロシア語の通訳をしており、子供の頃、母親の仕事場に頻繁に出入りしていた滝沢は、片言の日本語を話すロシア人と会話していたそう。そのため、少し変わった言葉遣いが身についたと明かされた。

出典: 『1周回って知らない話』(マイナビニュース:2017.7.5
滝沢カレン,インスタント沼,どこ,日本語ヘタな理由
出典:行列のできる法律相談所

滝沢カレンさんの亡き母(宮沢さゆり氏)は、元は国際的に活躍するバレリーナであり、東京都内でバレエスタジオも経営していました。

確かに、外国人や片言の日本語に触れる機会は、たくさんあったことでしょう。

ただねぇ。

滝沢カレンさんが育ったのは、日本ですからね。

実家で片言の日本語に接するとしても、テレビやラジオ、学校の友人、世間のほとんどは日本語オンリーです。

影響がないとは言えないけど、それにしては、日本語が独特過ぎない?

そんな声も実際にはありました。

その指摘を裏付けるのが、もうひとつの「説」です。

スポンサーリンク

滝沢カレンは「わざと」日本語がヘタに見せている?

滝沢カレンさんは、実はスラスラ話せるし、日本語もヘタじゃないのでは?

その根拠として、ネット上ではこんな指摘が挙がっています。

  • 昔のブログでは、文章は普通だった(該当するブログは既に削除されています)
  • 昔の動画では、スラスラ話していた
  • ブレイクしてからもう何年も経つのに、ちっとも向上しないのは変だ・・・

なかなか辛辣ですね。

「スラスラ話している」とされた動画は、台本のある企画モノでしたから、まあこれは根拠にならないでしょう。

とは言え、滝沢カレンさんが「日常的には普通の日本語を話す」ことについては、どうやら真実の可能性があります。

なぜならモデル仲間が暴露してしまっているのです。

それは、バラエティ番組「ダウンタウンDX(2016.4.21)」での出来事でした。

この日ゲストだったハーフモデルの宮本エリアナさんが、いっしょに出演した滝沢カレンさんや藤田ニコルさんへ苦情を申し立てたのです。

この日のテーマは「生で言っちゃう!? 乱闘必至マジクレームバトルロワイヤル!」。この中で宮本は滝沢と藤田を指し「あなたたちのせいでハーフがバカだと思われている」とクレームを入れた。

(中略)

さらに滝沢を「カレンさんは日本生まれ日本育ちなのに、日本語がなっていないですよね。ちょっとおかしいんじゃないかって」と、流暢な日本語で猛批判し、スタジオから喝采を浴びた。

また松本人志から妙な日本語はわざとやっているのではと疑惑の声があがったのだが、滝沢は「この前気づいたんです。こういう人なんだって」「今までこれでいきがってきたんで」と、キャラ通りに妙な日本語で反論。しかしこれにも宮本から「楽屋では普通にしゃべっていましたよ」と鋭い指摘をされ、困ったような表情を浮かべていた。

出典:日刊大衆(2016.4.26)

あら、まあ。

そうでしたか。

でも芸能人が虚像をうまく演出することは、別に珍しくありません。

滝沢カレンさんの「独特な日本語」が作られたものだったとしても、それを愛するファンがいれば、何も問題はないのです。

スポンサーリンク

滝沢カレンの「ヘタな日本語」を愛するファンたち

滝沢カレンさんの独特の日本語について、「作られたものだ!」とモデル仲間に暴露されたのは、2016年のことでした。

あれからもう5年です。

滝沢カレンさんの日本語は、あの頃とちっとも変わりません。

でも今も人気を保ち続けているのは、滝沢カレンさんの「ヘタな日本語」を愛するファンがたくさん存在するからでしょう。

少し紹介しますね。

滝沢カレンさんの日本語は、好き嫌いが分かれるところですが、芸能人は人気が全てです。

コアなファンが増え続けるなら、滝沢カレンさんは今後もどんどん活躍できることでしょう。

スポンサーリンク

滝沢カレンには「インスタント沼」と「ヘタな日本語」ふたつの謎

滝沢カレン,インスタント沼,どこ,日本語ヘタな理由
出典:秘密のレッスン

懐かしい邦画「インスタント沼」を見ていたら、エンドロールに滝沢カレンさんの文字を見つけました。

でも本人の姿は、なかなか見つからず・・・。

そう言えばと思い出したのは、滝沢カレンさんの「独特の日本語」です。

本当に下手なのか、キャラクターとして作られたものなのか、微妙な話ではありますが、日常会話ではスムーズな日本語を話せる可能性が高いですね。

滝沢カレンさんには、二つの謎があるわけですが、それも含めてファンがついているようです。

料理やヴォイスパーカッションと、活動の幅がどんどん広がっている滝沢カレンさん。

今後が楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能情報
シェアする
その話、イッパイアッテな