スポンサーリンク

籾井あき(日本代表)元ペルー国籍でハーフ?身長セッター歴wiki的プロフまとめ!

おもしろ一般人

女子バレーの日本代表選手で、セッターとして活躍する籾井あき(もみいあき)さんをご存知ですか?

2013年に引退した竹下佳江さん以来の「天才セッター」として、注目の選手です。

そんな籾井あきさん。

目鼻立ちが整っていることで、ハーフなの?と話題です。

実は籾井あきさんは、高校生までは日本国籍がなく、それが理由で国際大会の経験もありませんでした。

それにもかかわらず、日本代表チームの司令塔「セッター」を任されているという事実も、驚嘆に値します。

ちなみに籾井あきさんの以前の国籍はペルーですが、ご両親はどうなのでしょう。

籾井あきさんは、ハーフなのでしょうか?

現時点では、残念ながらウィキペディアのページはそれほど充実していないようです。

そこで、籾井あきさんの国籍やハーフなのか、そして身長やセッター歴などwiki的プロフィール・経歴をまとめました。

スポンサーリンク

籾井あき(女子バレー)wiki的プロフィール

籾井あき(女子バレー)wiki経歴

籾井あき,女子バレー,セッター,ハーフ,ペルー,国籍,帰化,ウィキペディア,wiki,プロフ,経歴,日本代表,2020東京,オリンピック,全日本,画像
出典:JT
  • 名前: 籾井 あき(もみい あき)
  • 生年月日: 2000年10月7日(2021年現在は21歳へ)
  • 出身: 神奈川県相模原市
  • 身長: 176㎝
  • 最高到達点: 285㎝(指高:230㎝)
  • 高校: 八王子実践高等学校
  • 所属: JTマーヴェラス(セッター)
  • 両親: 父(ペルーとスペインのハーフ)、母(日本とペルーのハーフ)
  • 国籍: ペルー国籍だったが、2019年に帰化
  • 趣味: パン作り・料理
  • インスタグラム: あり

籾井あきさんは、2021年から女子バレーの日本代表選手に起用されています。

その直後、2021年5月に開催された東京チャレンジ2021で、セッターとしてデビューしました。

新人セッターが加入後すぐに国際戦で起用されるのは、実はとても珍しいことです。

それだけ、籾井あきさんの実力は高く評価されているのでしょう。

では、なぜ、籾井あきさんは、今まで日本代表選手に選ばれなかったのでしょうか。

それは、籾井あきさんの国籍に理由がありました。

スポンサーリンク

籾井あき(女子バレー)の国籍は?ペルー?日本?

籾井あき,女子バレー,セッター,ハーフ,ペルー,国籍,帰化,ウィキペディア,wiki,プロフ,経歴,日本代表,2020東京,オリンピック,全日本,画像
出典:JT

籾井あきさんの現在の国籍は、日本です。

そもそも日本国籍がなければ、女子バレーの日本代表選手となれません。

しかし高校生までは、籾井あきさんはペルー国籍でした。

日本生まれで日本育ちの籾井あきさんですが、ご両親がペルー国籍だったのです。

籾井あき)「日本代表のユニフォームを着ることはないと思っていましたけど、八王子実践高校のチームメイトたちがジュニアの大会などに出場するのを見て、私も着たいなって。それで高校の先生などに相談し日本国籍を取ることを決断しました」

出典:文春オンライン

高校生のときに、帰化申請をした籾井あきさん。

しかし国籍取得までは、3年もの歳月を要したのだとか。

書類作成のためには、ペルーに住む親戚との調整も必要で、かなり大変だったそうですね。

スポンサーリンク

籾井あき(女子バレー)はハーフなの?

籾井あきさんは、厳密にはハーフではありません。

父親がペルーとスペインのハーフで、母親が日本とペルーのハーフ。

つまり籾井あきさんは、広義の「クォーター」となりますね。

籾井あきさんの子どもの頃の画像がこちら。

籾井あき,女子バレー,セッター,ハーフ,ペルー,国籍,帰化,ウィキペディア,wiki,プロフ,経歴,日本代表,2020東京,オリンピック,全日本,画像
出典:籾井あきInstagram

エキゾチックな顔立ちの片鱗がありますね。

【チェック!】日本に帰化したオリンピック選手といえば女子バスケの馬瓜エブリン さんも・・・↓

大人になった現在の籾井あきさんも、整った顔立ちが時々話題になります。

籾井あき,女子バレー,セッター,ハーフ,ペルー,国籍,帰化,ウィキペディア,wiki,プロフ,経歴,日本代表,2020東京,オリンピック,全日本,画像
出典:Twitter
籾井あき,女子バレー,セッター,ハーフ,ペルー,国籍,帰化,ウィキペディア,wiki,プロフ,経歴,日本代表,2020東京,オリンピック,全日本,画像
出典:文春オンライン

試合中の写真ですから、恐らくはほとんどノーメイクの籾井あきさんですが、とってもキレイ。

ハーフなの?とウワサになるのも納得です。

スポンサーリンク

籾井あき(女子バレー)のセッター歴はいつから?

籾井あき,女子バレー,セッター,ハーフ,ペルー,国籍,帰化,ウィキペディア,wiki,プロフ,経歴,日本代表,2020東京,オリンピック,全日本,画像
出典:Twitter

小学校2年生からバレーボールを始めた籾井あきさん。

小学校5年生で一度はセッターを経験するものの、中学校時代はアタッカーとして活躍していました。

そんな籾井あきさんに転機が訪れたのは、高校2年生のときです。

先輩が怪我したことで、セッターに転向することとなります。

籾井あきさんは現在20歳(2021年に21歳)ですから、セッター歴は5年足らず。

所属する実業団「JTマーヴェラス」でも、2020東京オリンピックでも、正セッターとして活躍できるのは、よほどセンスと技術がないと難しいことです。

天才セッターと言われた中田久美さん(現日本選手団監督)や竹下佳江さんのように、日本チームの要となっていくのでしょうね。

スポンサーリンク

籾井あき(日本代表)元ペルー国籍でハーフ?身長セッター歴wiki的プロフまとめ!

2020東京オリンピックで、女子バレーのセッターに抜擢されている籾井あきさん。

整った目鼻立ちで、「ハーフなの?」と話題になっています。

また、国際大会の実績も少ないのに、司令塔「セッター」を任されていることも注目されていますね。

ウィキペディアの個人ページはまだ充実しておらず、wiki的プロフィール・経歴をまとめると、

  • 籾井あきさんはペルー国籍だったが2019年に日本国籍へ帰化した
  • 父はペルーとスペインのハーフ、母は日本とペルーのハーフ
  • 籾井あきさん自身はクオーター
  • セッター歴は5年足らず・・・

籾井あきさんは20代になったばかりです。

今後の活躍が本当に楽しみですね。