スポンサーリンク

【動画】開会式ドローンは平昌パクリ?韓国批判は本当か検証【2020東京五輪】

ドローン,ヤラセ,マネ,パクリ,東京オリンピック,開会式,平昌,韓国,動画,画像,スーパーボウル,レディ・ガガ 2020東京オリンピック

ついに開幕した2020東京オリンピック。

2021年7月23日に開催された開会式では、終盤のドローン演出が話題になりましたね。

ジョン・レノンの名曲「イマジン」が流れる中、光り輝く無数のドローンが登場。

東京五輪のエンブレムを描き、最後には地球儀の形へと、見事な3Dショーでした。

国内外から高く評価されたドローン演出ですが、お隣の韓国メディアからは意外な反応が・・・。

ドローン演出は、平昌冬季(2018オリンピックのマネだ

えー、それって本当でしょうか?

2020東京五輪のドローン演出は、平昌冬季五輪のマネ・パクリだったのか。

韓国メディアの主張は一理あるのか、それとも違うのか。

両大会の動画と、公表されているデータや情報で検証してみました。

スポンサーリンク

【韓国の主張】開会式のドローン演出は平昌冬季五輪のパクリ?

2020東京オリンピックの開会式について、韓国メディアはどう報じたのでしょうか。

全国紙(韓国)の見出しをいくつか紹介します。

「平昌がモチーフ?東京の夜空に浮かぶ“ドローン地球儀“」(聯合ニュース)  

「平昌の真似?それでも見応えのあったドローンパフォーマンス」(イーデイリー)  

「平昌に似ている?夜空を彩る1824台のドローン」(KBSニュース)  

「平昌五輪の真似?ドローンで作り出した地球」(マイ・デイリー)

出典:JBpress(2021.7.25)

あら、まあ。

はっきり「2020東京オリンピックのドローン演出は、平昌のマネをした」と書かれていますね。

ちなみに平昌冬季五輪のドローン演出の画像がこちら。

ドローン,ヤラセ,マネ,パクリ,東京オリンピック,開会式,平昌,韓国,動画,画像,スーパーボウル,批判
出典:VIVA!DRONE

そしてこちらが、2020東京オリンピックのドローン演出のハイライト画像。

圧巻の地球儀です。

ドローン,ヤラセ,マネ,パクリ,東京オリンピック,開会式,平昌,韓国,動画,画像,スーパーボウル,レディ・ガガ
出典:Tokyo2020公式Twitter

どっちも素敵ですけどね。

ただ、「マネした!パクリだ!」と隣国が声高に主張するのは、率直に疑問を感じます。

平昌冬季五輪と2020東京五輪、それぞれのドローン演出を動画で見てみましょう。

そして、公式発表されたデータから、それぞれの特徴もまとめました。

スポンサーリンク

【動画】平昌冬季五輪で導入されたドローン演出とは?

まずは、平昌冬季五輪でのドローン演出を動画で見てみます。

【動画:2018平昌冬季五輪(開会式)のドローン演出】

素直な感想として、とても素敵な演出だと思います。

韓国のみなさんが誇りに思うのも、もっともですね。

オリンピック開会式へ、ドローンによる演出を取り入れたのは、確かに平昌冬季五輪が初めてです。

ちなみに使用されたドローン機は、1218機

入念な準備の上で事前録画し、それを当日に放送しています。

そして手がけたのは韓国企業ではなく、アメリカのインテル社でした。

スポンサーリンク

【動画】2020東京五輪のドローン演出とは?

それでは、今回2020東京オリンピックの開会式で披露されたドローン演出の動画です。

【動画:2020東京五輪(開会式)のドローン演出】

うーん、何度見ても飽きません。

国立競技場は大都会にありますから、ビル風・突風もあるでしょうに、一糸乱れぬ動きは圧巻です。

そして使用されたドローンは、1824台

事前録画だった平昌冬季五輪に対し、2020東京オリンピックは、その場で操作されています(リアルタイムの演出)。

今回も、手がけているのはアメリカのインテル社ですね。

スポンサーリンク

ドローン演出をビッグイベントに初めて採用したのは、実はレディ・ガガ

ドローン,ヤラセ,マネ,パクリ,東京オリンピック,開会式,平昌,韓国,動画,画像,スーパーボウル,レディ・ガガ
スーパーボウルはアメリカ全土が大注目するイベントです(出典:JETS!

韓国メディアが主張する「ドローン演出を初めて採用したのは、平昌冬季五輪」の主張。

それはその通りです。

ただスポーツのビッグイベントという意味では、初めてではありません。

双方の大会でドローン演出を手がけたインテル社(米国)の発表ではこうです。

最初にドローン演出を使ったのは、歌手のレディー・ガガさん。

世界最大級のスポーツイベント、スーパーボウル(アメリカ)での出来事ですね。

スーパーボウルとは、アメリカンフットボールリーグ「NFL」の優勝決定戦のこと。

全米をあげてのビッグイベントで、小さい国の国家予算以上の経済効果があるのだとか。

平昌五輪の1年前、2017年2月にテキサス州ヒューストンで開催された第51回スーパーボウルのハーフタイム・ショーに出演したレディー・ガガは、ドーム・スタジアムである会場のNRGスタジアムの屋根に立って、300台のドローンが描く星空をバックに、「第2のアメリカ国歌」とも呼ばれる「God Bless America」を熱唱。曲が「This Land is Your Land」に変わると、星の色も赤、青、白に変わり、そのまま星条旗へと変化した。

出典:ヤフーニュース(2021.7.24)

ちなみにこの時も、ドローン演出部分は録画映像を使用。

レディー・ガガさんの登場からがライブだったそうです。

うーん、2020東京五輪でのドローンが「平昌冬季五輪」のマネだとしたら、こう言えそうです。

平昌冬季五輪のドローン演出は、アメリカスーパーボウルのパクリだ。

何と言うか、不毛なやり取りとしか思えませんけども。

スポンサーリンク

【動画】開会式ドローンは平昌パクリ?韓国批判も実際は?【2020東京オリンピック】まとめ

ドローン,ヤラセ,マネ,パクリ,東京オリンピック,開会式,平昌,韓国,動画,画像,スーパーボウル,レディ・ガガ
本番採用はありませんでしたがリハーサルではピトグラムもドローンで再現(出典:Twitter)

不祥事を乗り越えて開催された2020東京オリンピックの開会式。

全体の演出には賛否両論ありますが、ドローン演出については、圧巻のひとことでした。

【チェック!】開会式の演出責任者、小林賢太郎さんが速攻で解任された事情はこちら↓

しかしお隣の韓国メディアは、「2018平昌冬季五輪のマネだ」と主張しているようです。

そこで、動画公表されているデータ・事実を検証してみると、

  • 動画で比較すると、平昌も東京もドローン演出は素晴らしい
  • 使われたドローン機は、2020東京五輪が606台多い
  • 事前録画だった平昌に対し、東京ではリアルタイムの稼働演出
  • オリンピックでの採用は、確かに平昌冬季五輪が初めて
  • ただし最初に採用したビッグイベントは、世界的スポーツイベント「スーパーボウル(米国)」

現代のオリンピック開会式で採用されている演出のほとんどは、戦後の大会からです。

華やかな演出に花火、最終聖火ランナーのショーアップもそうです。

いちいち「マネした・パクリだ」と言っていたら、入場行進偉い人の挨拶だけしか出来なくなりそう。

素晴らしいものは、率直に素晴らしいと言えるのが、きっと一番ですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
2020東京オリンピック
シェアする
その話、イッパイアッテな