スポンサーリンク

MARUOSAのwiki的プロフ!かた焼きそば~音楽的評価(ブレイクコア)までまとめ!

MARUOSA,ブレイクコア,エクストリーム,海外,CM,かた焼きそば,マツコの知らない世界 芸能情報

ブレイクコアの音楽シーンで活動しているMARUOSA(マルオサ)さん。

絶叫や過激なパフォーマンスで、海外でも評価されています。

そんなMARUOSAさん。

2021年6月15日放送のバラエティ番組「マツコの知らない世界」に出演します。

MARUOSA,ブレイクコア,エクストリーム,海外,CM,かた焼きそば,マツコの知らない世界
出典:「マツコの知らない世界」

テーマはなんと、「かた焼きそばの世界」。

MARUOSAさんは、全国400店舗で食べ歩いたほどの「かた焼きそば」マニアなんだとか。

エクストリーム系の過激ミュージシャンと「かた焼きそば」おじさん。

両極端な顔を持つMARUOSAさんですが、Wikipediaの専用ページには、あまり情報がありません。

そこでMARUOSAさんの経歴について、本名や音楽的評価、「かた焼きそば」まで、wiki的プロフィールをまとめました。

スポンサーリンク

MARUOSAのwiki的経歴とは?

MARUOSAのwiki的プロフィール

MARUOSA,ブレイクコア,エクストリーム,海外,CM,かた焼きそば,マツコの知らない世界
出典:MARUOSA公式ホームページ
  • 名前: MARUOSA(まるおさ)
  • 本名: 非公表
  • 生年月日: 1980年(2021年現在は41歳へ)
  • 出身地: 大阪府
  • 現住地: 東京都
  • 職業: ブレイクコア・エクストリームミュージシャン、楽曲提供
  • 所属: 「RENDAREC」(ブレイクコアレーベル)主宰、「DEATHSTORM」他
  • その他: かた焼きそばマニア

MARUOSAさんは、ブレイクコアの分野で、エクストリームミュージシャンとして活躍しています。

ただプロフィールについては、あまり多くは公開されていません。

それでもご本人のウェブページや、音楽メディアなどに掲載された情報をいくつか紹介しましょう。   

MARUOSAの本名は?

現在のMARUOSAさんの公式ホームページでは、本名は公表されていません。

ただ、国際的な音楽データベースのウェブサイト「Discogs」では、こんな記載がありますね。

本名: Kouzan  Shuu

出典: Discogs

アルファベット表記のため、漢字は不明です。

そのまま読むと、「こうざん しゅう」でしょうね。

実際にある名字の例としては、「甲山」「香山」「黄山」・・・。

なかなか珍しいですが、あり得るでしょう。

また音楽情報系のサイトでは、アーティスト名の「MARUOSA」については、「丸長」の表記を当てている例を見かけました。

参考:GXO

「Kouzan Shuu」にしても、MARUOSA(丸長)にしても、本名だとしたら随分珍しい名字です。

親戚の中では、MARUOSAさんは知られた存在で、甥っ子や姪っ子たちの自慢・・・なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

MARUOSAの妻や子どもは?

MARUOSAさんのプライベートや家族については、ほとんど情報がありません。

奥さんを含め彼女や恋人、もちろん子どもの存在も不明です。

バラエティ番組「マツコの知らない世界」に出演したとき、マツコ・デラックスさんが聞きだしてくれたら、当記事にも追記する予定です。

コアなファンを抱える家電ミュージシャンといえば、和田永さんも・・・↓

MARUOSAの音楽的な評価は?

MARUOSAとはどんなミュージシャン?

MARUOSAさんは、ブレイクコアの分野で活動しています。

ちなみにご自身では、「エクストリームミュージシャン」と称していますね。

エクストリームと言えば、「極端」「過激」「絶叫」です。

MARUOSAさんの音楽も、そのイメージが当てはまるような、ヒリヒリするような温度感やサウンドが魅力です。

百聞は一見に如かず、です。

MARUOSAさんのミュージックビデオはこちら。

ホント、聞けば(見れば)わかっていただけると思います。

メッセージの内容も、ミュージックビデオのグロテスクさも、一度見たら当分記憶に残りそう。

寝苦しい夜のナイトメア(悪夢)を形にしたら、こうなるような・・・。

※個人の感想です。

そうそうMARUOSAさんは、海外ツアーを定期的に実施し、現地の野外フェスにも参加しています。

熱狂的なファンが待ち受けている様子が、目に浮かぶようです。

スポンサーリンク

MARUOSAが活躍する「ブレイクコア」とは?

MARUOSA,ブレイクコア,エクストリーム,海外,CM,かた焼きそば,マツコの知らない世界
出典:GXO

MARUOSAさんが活躍する音楽分野、ブレイクコアとは何なのでしょう。

ブレイクコアとは、ハードコアなダンスミュージックとエレクトリックサウンドを組み合わせた音楽スタイルです。

1990年代中頃からヨーロッパやアメリカで、同時多発的に発生した音楽ジャンルとされていますね。

実際のところ、MARUOSAさんもヨーロッパやアメリカでツアーを実施し、現地の野外フェスにも多く参加しています。

ブレイクコアは日本国内においても、ハードコア・テクノ、ドラムンベース、ベースミュージックなどのダンスミュージックのリスナーや、IDM、エレクトロニカなどの実験的な電子音楽シーンのリスナー、そして、メタル、グラインドコア、ノイズなどのエクストリーム系ミュージックのリスナーからも支持されており、決して一般向けの音楽ではないが長年に渡って陰ながら日本の音楽シーンに影響を与えている。

出典:disk union(2019.2.26)

そうでしたか。

確かに、地上波テレビの音楽番組などで、「ブレイクコア」のミュージシャンを見かけることは少ないです。

では、MARUOSAさんは、どのような場所・シーンで活動しているのでしょうか。

スポンサーリンク

MARUOSAの活動場所・シーンは?

地上波テレビ番組では、なかなか見かけることのないMARUOSAさん。

ご本人の公式ホームページやインタビュー記事によると、海内外のクラブや野外フェスでの出演機会が多いのだとか。

世界三大メディアアートフェスの一つとして知られている”Sónar”(スペイン)、約28万人もの来場者を誇る欧州最大級フェスの1つ”Roskilde Festival”(デンマーク)、世界最大の音楽見本市”SXSW(アメリカ)”など、数々のフェスティバルに出演。

出典:MARUOSA公式ホームページ

またMARUOSAさんは、ソロ活動以外に、他ミュージシャンとのコラボもしていますね。

【MARUOSAのコラボ・ユニットワークス一覧】

  • 人気ブランド「Supreme」のプロモーションにて、セキンタニ・ラ・ノリヒロ氏とコラボ
  • オランダ人ミュージシャン、Bong-Ra氏とのユニット「DEATHSTORM
  • 小山田圭吾氏・高木完氏・SK8THING氏らと組んだバンド「NOMARS

小山田圭吾さんと言えば、かつて小沢健二さんと組んだ「フリッパーズギター」が有名です。

「ブレイクコア」は一般には知名度が低くても、音楽シーン全体には影響を与えていることが伺えるエピソードですね。

なお、MARUOSAさんの音楽については、CD購入の他に、ストリーミングサイトやYouTubeで聞くことが出来ます。

スポンサーリンク

MARUOSAは楽曲提供もしている!

「ブレイクコア」で、しかもエクストリーム系ミュージシャンのMARUOSAさん。

日本国内の地上波テレビでは、残念ながら、見かける機会は少ないです。

ただ近年では、CMやイベントなどへMARUOSAさんが楽曲提供する機会も増えているんですよ。

【MARUOSAの楽曲提供一覧】

  • Supreme “Sekintani La Norihiro x Supreme Trailer”(promotion movie)
  • CASIO “G-SHOCK RANGEMAN”(CM)
  • G-SHOCK “REAL TOUGHNESS in TOKYO”(promotion movie)
  • THE NORTH FACE “SUMMIT SERIES EXHIBITION 2017”(image video)
  • “第59回 日本雑誌広告賞展 / 第55回 JAA広告賞 消費者が選んだ広告コンクール 展”(CM)
  • TOKYO DRESS “2016FW, 2017SS”(image video)
  • アイカ工業 “+WONDER 2017”(promotion movie)
  • 小岐須雅之 “ELEGANT ATTACK TABLE”(個展BGM)
  • 河村康輔 “Consume”(個展CM), “CASSETTE VASE”(作品コラボレーション)

小さなイベントもありますが、例えばCASIOの「G-SHOCK」シリーズやTHE NORTH FACEは、国際的な注目度も高いです。

今後も知らず知らずのうちに、MARUOSAさんの楽曲を耳にする機会は、きっと増えていくのでしょうね。

スポンサーリンク

MARUOSAは「かた焼きそば」おじさん?

MARUOSAが「かた焼きそば」に出会ったきっかけは?

MARUOSA,ブレイクコア,エクストリーム,海外,CM,かた焼きそば,マツコの知らない世界
出典:メシ通 by RECRUIT

エクストリーム系のミュージシャンとして活動するMARUOSAさんですが、「かた焼きそば」マニアとしての顔も持ちます。

今までに全国400店舗を訪ね、1000食以上の「かた焼きそば」を食べ歩いたのだとか。

そんなMARUOSAさんに「かた焼きそば」を教えたのは、おじいちゃんでした。

MARUOSA:もともと実家が大阪の桃谷で、当時は下町で町工場が多い地域でした。祖父が町工場を経営していて、幼稚園の頃に手伝っていたんですよ。

仕事が終わったらご褒美で中華料理屋に連れて行ってくれて、その時におじいちゃんに「これがうまいよ」と教えてもらったメニューがかた焼きそばなんです。

ちゃんとした料理なんだけれど、お菓子っぽさもある不思議な美味しさにハマったのが一回目の衝撃でした。

出典:メシ通 by RECRUIT(2019.6.14)

それからしばらくは、「かた焼きそば」を忘れていたMARUOSAさん。

上京してふらりと立ち寄った中華料理店で、20年ぶりに口にした「かた焼きそば」に衝撃を受けたのでした。

MARUOSA:ほんまにカミナリに打たれたような感覚になって、美味しさとおじいちゃんの思い出が重なってしまい、僕はかた焼きそばを食べ続けなければいけないという使命感が生まれてしまって。それが6年前くらいで、そこからかた焼きそば研究の道に足を踏み入れたんです。

出典:メシ通 by RECRUIT(2019.6.14)

それ以来「かた焼きそば」にハマったMARUOSAさん。

全国津々浦々で「かた焼きそば」を探し、それ「かた焼きそばマップ」として、ネット上で公開するまでになったのでした。

スポンサーリンク

MARUOSAがおすすめする「かた焼きそば」は?

若いときには、「ゴリゴリの太麺」「オイスターのパンチが効いた味」が好きだったというMARUOSAさん。

でも現在は、「塩味」で「揚げたて」の「中~太麺」のかた焼きそばが好みだそうです。

ただ、全国それぞれの地域で特徴があったり、変わり種の具材が使われていたり・・・と、かた焼きそば巡りに飽きることは、全くないのだとか。

MARUOSAさんがお勧めする「かた焼きそば」や、レビューについては、インスタグラムに投稿されています。

またWEBメディア「日刊サイゾー」でも、MARUOSAさんが「かた焼きそば」について連載中です。

MARUOSAの「かた焼きそばのフィロソフィー」

芸能界のゴシップやギラギラした「儲かる系」の記事群の中で、MARUOSAさんの「かた焼きそば」巡りは、一服の清涼剤のようです。

MARUOSAのwiki的プロフ!かた焼きそば~音楽的評価(ブレイクコア)までまとめ!

MARUOSA,ブレイクコア,エクストリーム,海外,CM,かた焼きそば,マツコの知らない世界
出典:MARUOSA公式ホームページ

攻撃的でノイジーな音楽とされるブレイクコアで、さらに「極端」「過激」なエクストリームミュージシャンとして活動するMARUOSAさん。

ウィキペディアの情報量はまだ少なく、wiki的プロフィールと経歴をまとめてみると、

  • 国際的な音楽データベースには、本名「Kouzan Shuu」の記載
  • MARUOSAは、「丸長」と表記されるときもある
  • 彼女・妻・恋人は不明
  • 「ブレイクコア」の盛んな海外で高く評価されている
  • 日本国内のクラブシーンだけでなく、海外(ヨーロッパやアメリカ)ツアーも実施
  • 国際的な野外フェスにも参加
  • CMやイベントへの楽曲提供も増えている
  • 一方で、「かた焼きそば」マニアで、全国400店舗で食べ歩いた・・・

音楽だけを聴いていると、とても遠い世界に住んでいるように感じるMARUOSAさん。

ですが、「かた焼きそば」大好きのエピソードを聞くと、何だか一気に親しみがわきました。

今後の活躍も期待しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能情報マツコの知らない世界
シェアする
その話、イッパイアッテな