スポンサーリンク

【おいでやすこが】こがけんは料理がすごい!?テレビで披露した料理とは?

こがけんの料理 芸能情報

年末に漫才日本一を決める「M-1グランプリ2020」に、変わった芸人コンビが登場しました。

それは、おいでやすこがのおふたり。

普段はそれぞれピン芸人として活動していますが、M-1グランプリへの出場のために急遽組んだという異色のコンビです。

出典:こがけんオフィシャルサイト

そんな二人のうち、向かって左側。

ボケ担当のこがけんさん。

Mrオクレに似ていると話題になりましたが、それが私にとってはツボでした。

見ていると、何だかほっとするような、不思議な気分です。

そんなおとぼけフェイスのこがけんさん。

ネタ中に披露される歌声も素敵だし、英語ペラペラというのも意外性があります。

それに、とってもお料理上手なんだそうです!

実家は老舗の居酒屋

こがけんさんは、福岡県久留米市の出身で41歳。

既婚でお子さんが二人いるパパです。

そして実家は、なんと!

大正8年創業の大衆居酒屋「古賀久」なのです。

大正8年と言えば、アンパンマンの作者「やなせたかし」さんが生まれた年です。

そう思うとそんなに昔じゃない?

いやいや、もう100年以上前ですね。

「古賀久」は地元で愛されている居酒屋で、壁いっぱいに貼られたメニューを見ながら、

昼から一杯やるのも良いんだよね!なんて、評判です。

一部の総菜おつまみメニューは、ガラスケースから、セルフサービスでお客さんが自分で取っていきます。

これも、創業当時は斬新なやり方で、けっこうな話題になったのだとか。

子どもの頃から、プロの作った料理を日常的に食べていて、舌の感覚が養われていったのでしょうか。

お母さんも、「いつかお店をついでほしい」と望まれたそうです。

そんな背景があったからでしょうか。

こがけんさんは、大学卒業後にNSC東京校を経て、芸人デビューするも、数か月後には挫折。

それから板前修業を始めています。

そのままずっと、29歳のときに元相方と再度コンビを組むまで、東京下北沢の創作和食店で板前仕事を続けていたのでした。

ブレイク前から、料理の腕は有名!?

お笑いで本格的にブレイクしたのは、「M-1グランプリ2020」準優勝を勝ち取って以降です。

でもそれより以前から、

こがけんは、料理がうまい

そんな評判があったのです。

振り返れば、メディアにもぽつぽつと登場していました。

2010年6月放送の「やりすぎコージー」では、「芸人軍団お抱えシェフ 手料理うまい王決定戦!」でフランス料理を披露。

鶏のガランティーヌと緑のグラタンを作りました。

丸鶏をさばく手先も鮮やかで、味も美味しい。

キミは、センスがある!

審査員をしていた黒田廣昭氏(なだ万スーパーダイニングジパング赤坂店料理長:当時)から、大絶賛されています。

あれ?

実家は大衆居酒屋で、本人は元板前では?

そして2011年12月に放送された「ぷっ」すまでは、こがけんさんはポテトサラダを作り、やはり大好評でした。。

それも、桜えびや塩コンブなどを混ぜ込んだ個性的な「ポテトサラダ」。

居酒屋にあれば、思わず頼んでしまいそうな創作料理です。

その他に、豚のアバラ肉を7時間煮込んだ焼きソーキのバルサミコソースなども用意していました。

やはり和食とか、板前とは路線が違うような気がしますが、そんなことはどうでもいいです。

ホント、美味しそうですね~。

それで十分です!

お笑いだけでなく、料理の仕事も!?

歌ネタも面白いし、漫才も悪くない。

「M-1グランプリ2020」準優勝ですから、2021年は当分忙しい日々が続くでしょう。

そしてそれがひと段落したら、

きっと料理の仕事が来るはず!

美味しい料理は、作っている最中も、見ていて飽きません。

料理番組や、バラエティーの料理コーナー・・・

上沼恵美子さんの「おしゃべりクッキング」への出演なんてどうでしょう。

これからの活躍も楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能情報
シェアする
その話、イッパイアッテな