スポンサーリンク

【まさか終了!?】毎日更新の「いらすとや」から重大発表

いらすとや終了 ライフハック

「いらすとや」が終了する!?

2021年が始まったばかりの1月末、衝撃的な話題がネット上に流れました。

実際にはそれは誤解で、毎日更新していたものが、不定期の更新に変わるとのことです。

毎日更新されていたんですね。

私自身もよくお世話になりますが、全然知りませんでした。

そしてもうひとつ驚いたのが、イラストレーターおひとりで運営されていたことなのです!

いらすとやとは?

いらすとやとは、無料のイラスト素材を提供するウェブサイトです。

開設は2012年ですから、もう10年近い歴史があるのですね。

イラスト数は既に2万点を超え、「ないものは無い」と評されるほどです。

ほのぼのとしたテイストながら、社会を風刺するような作品やマニアックなシチュエーション・職業など、検索しているとつい時間を忘れるほどです。

あちこちで使われている「いらすとや」

いらすとやのイラストは、原則として、誰でも無償で使用できます。

個人・法人・商用・非商用を問わず、門戸は広く開放されているのです。

※著作権は放棄せず、商用での大量使用は、有料となります。

今では、テレビ番組のフリップから、官公庁の資料やウェブサイトまで、それこそ見かけない日はないほどです。

医療系のイラストも多く、私もずいぶんお世話になりました。

なにしろ、医療処置や医療者の職業別の画像もあるのです。

がん患者をサポートする資料作りなど、とっても重宝しました。

そうそう、いらすとやのイラストを使った大喜利も、Twitterなどで時々話題になりますよね。

こちらは、「シャボン玉の歌」でしょうか。

いらすとやは、クリエイターを殺す!?

いらすとやのイラストがどんどん増え、各所で使用されるにつれて、

イラストレーターの仕事を奪っている

こんな批判も生まれました。

一方で、

いらすとやが競合するのは、「ちょっと絵がうまい人の無償労働」。

あるいは腕のないイラスト作成者。

評価されたイラストレーターではない。

こんな意見もありました。

確かに、「いらすとや」が無かった頃も、商用フリーのイラストを探して使っていましたね。

職場で必要な資料作りに、わざわざイラストを購入したことはなかったです。

たったひとりで、イラストを作っている

「いらすとや」の膨大なイラストは、実はみふねたかしさんがたったひとりで作成しているのです。

みふねたかしさんは、本職がイラストレーター。

「いらすとや」の作品クォリティの高さは、折り紙付きだったのですね。

そしてサイトを開設して以来、2012年からほぼ毎日更新されているのですから、驚きました。

継続は力なり。

これを実証したかのような話です。

ただ、2021年2月からは、不定期更新に変わります。

作者のみふねさんによると、本業が多忙になったからとのことでした。

不定期に変わる直前、1月29日に放映された情報番組では、みふねさん本人からのコメントを伝えていました。

出典:新・情報7daysニュースキャスター
出典:新・情報7daysニュースキャスター

ネットの反応は!?

ネット上では、「今までありがとう!」や「これからもよろしく」と言った書き込みが多く見られました。

「いらすとや」は、まだまだ続く

今後は不定期更新とのことですが、いらすとやは今も健在です。

無償で使用できる状態も、当分は変わらないようです。

(商用での大量使用など、有料になる場合はあり)

ありがたいな~と感謝しつつ、新作のイラストも楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ライフハック
シェアする
その話、イッパイアッテな