スポンサーリンク

寺嶋由芙って誰?今は「ゆるキャラ」でも、BiS時代は過激だった?【マツコの知らない世界】

寺嶋由芙 ゆっふぃー BiS 芸能情報

寺嶋由芙(てらしま ゆふ)さんをご存知ですか?

ゆるキャラグランプリで、何度も司会をしたほどのゆるキャラ好き。

サンリオのキャラクターにも詳しくて、3月2日「マツコの知らない世界」にも登場します。

ご本人も、ゆるキャラのイメージそのままに、ほんわりとした感じ。

地下アイドルも経験していますが、現在はソロ活動をしているそうです。

でもね、寺嶋由芙さんって名前には、実は聞き覚えがありました。

あの破天荒なアイドルグループ「BiS」のメンバーだったはず。

全裸パフォーマンスとか、有名でしたよね。

あれ、それならこんな「おっとり系」の女の子は、やっていけるの?

寺嶋由芙さんって、そもそも誰?

調べてみると、寺嶋由芙さんは、BiS時代に大変な経験をしていました。

スポンサーリンク

寺嶋由芙さんのプロフィール

  • 名前:寺嶋由芙(てらしま ゆふ)
  • 愛称:ゆっふぃー
  • 誕生日:1991年7月8日(29歳:2021年2月現在)
  • 出身:千葉県
  • 血液型:O型
  • 大学:早稲田大学文学部
  • 資格:中学校・高等学校の教員一種免許「国語」
  • デビュー:2010年
  • 所属グループ:BiS(2011~2013年)
  • 現在:ソロアイドルとして活動
  • コンセプト:古き良き時代から来ました。まじめなアイドル、まじめにアイドル。

早稲田大学に在学中(2011~2013年)、確かにアイドルグループBiSにも所属していました。

でもその頃のBiSと言えば(今もだけど)、かなり過激なパフォーマンスをやっていたはず。

アイドルなのに全裸でPVとか、

ライブ中に生肉や生麵を観客席へ投げ入れるとか、

アングラなパフォーマンスで話題になっていました。

そんな破天荒なアイドルグループBiSで、寺嶋由芙さんはどんな活動をしていたのでしょう。

アイドルグループ「BiS」とは?

BiSとは、主に東京を拠点に活動する女性アイドルグループです。

解散や再結成を繰り返し、現在は第3期世代ですね。

有名人だと、ファーストサマーウイカさんも、かつてのメンバーでした。

メディアよりもライブが多いので、まあ、地下アイドルでしょう。

ただBiSの場合は、歌はさておき、過激なパフォーマンスの方が有名かもしれません。

  • 1stシングル「My I xxx」のMVでは、全裸で樹海を駆け抜ける
  • メンバー全員が激しくヘッドバンキングする
  • ライブ中に、鶏の臓物や生麺などを客席に投げ入れる
  • 車中泊と自炊で、全国ツアー
  • マネージャーなど事務局から、メンバーへの暴言(のような発言)
  • メンバーの口論を公開(ガチンコタイマンライブ)
  • スクール水着などの独特の衣装コンセプト・・・

結成当初、マネージメントを担当していたのは渡辺淳之介氏。

最近では、水曜のダウンタウンで企画された「豆柴の大群」のプロデューサーに抜擢されましたね。

クロちゃんの後任ですから、けっこう話題になりました。

その渡辺淳之介さん。

昭和の新日本プロレスのように、トラブルでトラブルを解決するような、どこまでがシナリオで、どこからが現実かわからない炎上商法

これを念頭に置いていたと、後にインタビューで語っていました。

キラキラ、かわいい

いわゆるアイドルのイメージとは、ちょっと違うようですね。

そんなBiSに、寺嶋由芙さんは途中から加入したのでした。

当時の名前は、テラシマ ユフ

二十歳のときの話です。

スポンサーリンク

優等生キャラとして、人気に。でも・・・

寺嶋由芙さんがBiSに加入したとき、古くからの知人は驚いたようです。

ソロシンガー志望だった由芙ちゃんとは、何度かライブで共演していました(アングライベントじゃないですよ)。清純でおっとりした彼女は、演者と観客の両方にとって、まさにアイドルでした。あの由芙ちゃんがスク水を着て、ライブハウスでダイブ? みんなに衝撃と疑問が走りました。私の頭の中を駆け巡ったのは、あの全裸PVです。

Real Sound 姫乃たまがテラシマユフとの出会いを振り返るより

BiS時代の寺嶋由芙(テラシマユフ)さんは、現在と同じようのほんわりした清純タイプでした。

アグレッシブなパフォーマンスが増える中、「優等生キャラ」として人気となっていたのです。

でもね。

やっぱり限界はありますよ。

「古き良き時代から来ました。まじめなアイドル、まじめにアイドル。」

こんなキャッチフレーズを好むようなタイプです。

いくら古き良き時代がイイと言っても、

それは「昭和の新日本プロレス」みたいなことではないでしょう。

寺嶋由芙(テラシマユフ)さんは、かなりがんばったようですが、ミゾは大きくなっていくばかりだったようです。

初期メンバーと対立、団体へ

寺嶋由芙(テラシマユフ)さんが加入してからも、BiSのパフォーマンスは、どんどん過激になるばかりでした。

山手線で清掃しながらパンチラする

メジャーアイドルグループのコスプレをして、新宿でゲリラライブする

そんな企画もあったのだとか。

なかなかアグレッシブというか、AVセクシーDVDの企画を連想させるというか、まあ。

そもそも寺嶋由芙(テラシマユフ)さんが加入するとき、

全裸パフォーマンスはしない、服は脱がないなど、

いくつか条件を出していたそうです。

でも、初期メンバーの中には、それを疑問視する動きがあったのでした。

また、渡辺淳之介氏をはじめ、運営側もそれを煽った様子。

ついには、BiS発起人のひとりで初期メンバーのプー・ルイさんと、

ガチンコタイマンイベントが開催されました。

衆人環視の元で、口論(もっと言えば口げんか)するってことですか。

うん、そっか。

すごいですね。

このイベントにも、寺嶋由芙さんはきっちり真面目に参加。

涙ながらに自分の気持ちを訴えました。

そして、BiS脱退となっています。

確かにどこまでがシナリオで、どこからが現実なのか。

おもしろい!

でしょうか、ね?

私にはよくわかりませんが、寺嶋由芙(テラシマユフ)さんのメンタルは心配になります。

テラシマユフから、寺嶋由芙へ

BiSを脱退し、名前もテラシマユフから、寺嶋由芙さんへ変わりました。

グループではなく、ピンで活動するソロアイドル。

メディアへの出演こそ多くはありませんが、CDリリースを重ね、ゆるキャラグランプリなどイベントの仕事も続いています。

葛藤や逆境を乗り越えたキャリアは、きっとこれから生きてくるはず。

活躍を楽しみにしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能情報ユーチューバー
シェアする
その話、イッパイアッテな